Edit Author Slugの設定方法を実際の画面で解説【投稿者スラッグを晒しておくのは危険】

読者

・Edit Author Slugの設定方法を知りたい!

・投稿者スラッグを変更する方法を知りたい!

kazu

本記事ではこういった悩みを解決します!

  • 本記事の執筆者

2年以上ブログ(『kazublog』)を運営してきた経験をもとに情報発信しています。

記事の内容は下記の通りです。

  • 本記事の内容
  1. WordPressプラグイン『Edit Author Slug』のインストールと有効化
  2. WordPressプラグイン『Edit Author Slug』の設定方法
  • 本記事を読むメリット
  • 『Edit Author Slug』の設定方法がわかる
  • 投稿者スラッグを変更する方法がわかる

投稿者スラッグを変更しておかないと、『ブログのURL/?author=1』を入力した際に下記のようにユーザー名が表示されてしまいます。

投稿者スラッグ
投稿者スラッグ

ユーザー名が表示されてしまうということは、ログインに必要な情報を1つ相手に晒してしまっているようなもんです。

これって危険ですよね?

そこで今回は、WordPressプラグイン『Edit Author Slug』を使った投稿者スラッグの変更方法を解説します!

本記事の通りに進めてもらえればセキュリティを強化することができるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

『Edit Author Slug』の設定方法を実際の画面で解説

『Edit Author Slug』の設定方法を以下の2つのステップに分けて解説していきます。

  1. 『Edit Author Slug』のインストール&有効化
  2. 『Edit Author Slug』の設定方法
kazu

実際の画面を用いて解説するので真似するだけでOK!

①:『Edit Author Slug』のインストール&有効化

STEP
『プラグイン』→『新規追加』
『プラグイン』→『新規追加』

WordPressの管理画面から『プラグイン』→『新規追加』をクリック。

STEP
『Edit Author Slug』と入力
『Edit Author Slug』と入力

右上にある検索窓に『Edit Author Slug』と入力

STEP
インストール
今すぐインストール

プラグインが表示されたら、『今すぐインストール』をクリック。

STEP
有効化
有効化

インストールが完了したら、『有効化』をクリック。

kazu

これでプラグインのインストール&有効化は完了です。

②:『Edit Author Slug』の設定方法

STEP
『ユーザー』→『プロフィール』
『ユーザー』→『プロフィール』

WordPress管理画面から『ユーザー』→『プロフィール』をクリック。

STEP
投稿者スラッグを変更
投稿者スラッグがユーザ名の状態

デフォルトでは、投稿者スラッグが1番上の『ユーザー名』になっています。

この状態だとユーザー名が漏洩してしまう危険性があるので、下記のように1番下の『カスタム設定』にチェックを入れて下さい。

カスタム設定にチェック

『カスタム設定』にチェックを入れたら、必ず右の空欄にユーザー名とは異なる名前を入力して下さい。

kazu

入力した名前は第三者に見られても大丈夫なものにしましょう!

最後に、『プロフィールを更新』をクリックするのを忘れずに!

まとめ:『Edit Author Slug』を設定して投稿者スラッグを変更しよう!

今回は、WordPressプラグイン『Edit Author Slug』を使った投稿者スラッグの変更方法を解説してきました。

投稿者スラッグを変更しておかないと、不正アクセスにつながることもあるので必ず変更しておくようにしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次