WordPressテーマおすすめ7選【有料5つ+無料2つ】

読者

・どのWordPressテーマにしようか悩んでいる

・おすすめの有料テーマを知りたい!

・結局どのテーマが1番おすすめなの?

kazu

本記事ではこういった悩みを解決します!

  • 本記事の執筆者

1年以上ブログ(『kazublog』)を運営してきた経験をもとに情報発信しています。

記事の内容は下記の通りです。

  • 本記事の内容
  1. WordPressテーマとは?
  2. WordPressテーマを選ぶ際のポイント
  3. おすすめの有料テーマ5つ
  4. おすすめの無料テーマ2つ
  5. テーマ導入の手順
  6. WordPressテーマに関する質問
  • 本記事を読むメリット
  • WordPressテーマを選ぶ際のポイントがわかる
  • 自分に合ったWordPressテーマが見つかる
  • テーマの導入手順がわかる

『ブログを立ち上げたのはいいものの、どのWordPressテーマを選んだらいいのかわからない…』という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2つのサイトを運営し、数多くのテーマを使用してきた僕がおすすめのWordPressテーマを7つ紹介していきます。

WordPressのテーマ選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

WordPressテーマとは?

まずはWordPressテーマについて軽く理解しておきましょう!

WordPressテーマとは、サイトデザインを変更するためのテンプレートのようなものです。

テーマを導入することで、HTMLやCSSなどのプログラミング知識がなくても簡単におしゃれなサイトを作れます。

kazu

とりあえず、おしゃれなサイトを作るにはデザインテーマが必要だということを理解しておけばOK!

WordPressテーマには有料のものと無料のものがあります。次の章では有料テーマと無料テーマの特徴を紹介していきます。

有料テーマの特徴

ここでは、有料テーマの特徴を紹介します。

有料テーマの特徴
  • カスタマイズ性が高い
  • 機能性が抜群
  • 定期的にアップデートされる
  • 装飾のバリエーションが多い
  • 内部SEO対策がされている
  • デザイン性が優れている
  • サポート体制がしっかりしている
  • 1〜3万円ほどの購入費用がかかる

上記が有料テーマの特徴です。

また、有料テーマはクリック1つでデザインを整えられるため、装飾にかける時間も短縮することができます。

kazu

作業効率を上げたい方には有料テーマがおすすめです。

無料テーマの特徴

無料テーマの特徴は下記の通りです。

無料テーマの特徴
  • 購入費用がかからない
  • 使える機能が有料テーマに比べて少ない
  • デザイン性・カスタマイズ性はそこまで高くない

無料テーマは、購入費用がかからないのが最大のメリットではあるものの、有料テーマと比べて機能性・デザイン性・カスタマイズ性は劣ってしまいます。

『とにかく費用を抑えて運営したい』という方であれば問題ありませんが、本気でブログ運営をしていきたい方にはあまりおすすめできません。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント3つ

WordPressテーマを選ぶ際に意識すべきポイントは下記の3つです。

  • WordPressテーマを選ぶ際のポイント
  1. デザイン性
  2. 機能性
  3. 利用者数の多さ
kazu

それでは上から順に解説します!

①:デザイン性

テーマ選びの際は、自分が気に入ったデザインのものを選ぶようにしましょう!

そもそも自分が気に入ったデザインのものでないとブログ運営が長く続きません。

また、サイトのデザインは自分だけでなく、読者にとっても重要です。

kazu

オシャレで見やすいサイトは読者からも好印象を持たれること間違いありません。

デザインに関してはデモサイトで確認すると良いでしょう!

②:機能性

テーマ選びのポイント2つ目は、機能性です。

機能性を確認する上で下記の機能が搭載されているかをチェックしておきましょう。

  • 吹き出しの表示
  • ボタンの設置
  • ブログカードの表示

上記の3つは、記事を書く際によく使われる機能です。

kazu

最低限これら3つの機能が搭載されているかチェックするようにしてください!

③:利用者数の多さ

なるべく利用者数の多いテーマを選ぶようにしましょう!

理由は、利用者数が多いとそれだけ使い方やカスタマイズ方法に関する情報が多く出回っているからです。

利用者数が少ない→使い方がわからない→ネットでググる→情報が見つからない→悩みを解決できない

利用者数が多い→使い方がわからない→ネットでググる→使い方に関する記事を発見→悩み解決

初心者にとって情報量が多いのは心強いことですよね。

WordPressテーマおすすめ5選【有料】

ここでは、おすすめの有料テーマを5つ紹介していきます。

紹介するのは下記の5つです。

  • おすすめの有料テーマ
テーマ名価格おすすめ度
SWELL17,600円(税込)
AFFINGER14,800円(税込)
THE THOR16,280円(税込)
STORK1911,000円(税込)
SWALLOW9,900円(税込)
kazu

それでは1つずつ見ていきましょう!

①:SWELL

SWELL
SWELL
SWELL評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
複数サイト利用
利用者数やや多い
価格17,600円(税込)

SWELLは、シンプルでオシャレなデザインでありながら、必要な機能は全て揃っているテーマです。

そして何よりブロックエディターの使いやすさが最大の魅力ですね。

SWELLのブロックエディターは、直感的に操作できるため、楽しく記事を書けます。

kazu

ちなみに、当サイトもSWELLを使用しています!

SWELLの特徴
  • ブロックエディターが使いやすい
  • クリック1つで装飾ができる
  • デザインがシンプルでお洒落
  • 表示速度が速い
  • 複数のサイトで使用できる

\ 楽しく記事を書くならSWELL /

②:AFFINGER

AFFINGER
AFFINGER
AFFINGER評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
複数サイト利用
利用者数多い
価格14,800円(税込)

AFFINGERは、ブログやアフィリエイトで稼ぐことに特化したテーマです。

また、カスタマイズ性が高く、自由自在にサイトをカスタマイズすることができます。

kazu

AFFINGERは、実績のあるブロガーさんやアフィリエイターさんも利用していますよ!

AFFINGERの特徴
  • カスタマイズ性が高い
  • 装飾のバリエーションが多い
  • 実績のあるブロガーさんやアフィリエイターさんも利用している
  • カスタマイズや使い方に関する情報が多く出回っている
  • 複数のサイトで利用できる

\ 稼ぐことに特化したテーマ /

③:THE THOR

THE THOR
THE THOR
THE THOR評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
複数サイト利用
利用者数普通
価格16,280円(税込)

THE THORは、集客・収益化に徹底的にこだわって作られたテーマです。

『デザイン着せ替え機能』を使用することで、洗練されたデザインのサイトをワンクリックで作ることができます。

kazu

ページの読み込み速度が速いのも魅力の1つですね。

THE THORの特徴
  • ページの読み込み速度が速い
  • 複数のサイトで利用できる
  • 『デザイン着せ替え機能』を使うことでワンクリックでお洒落なサイトを作れる

\ 集客・収益化にこだわったテーマ /

④:STORK19

STORK19
STORK19
STORK19評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
複数サイト利用×
利用者数普通
価格11,000円(税込)

STORK19は、モバイルファースト設計で作られたテーマです。

そのため、スマホで記事を読むユーザーに考慮したデザインになっています。

STORK19の特徴
  • モバイルファースト設計
  • ブロックエディターに対応
  • 洗練されたデザイン

\ モバイルファースト設計 /

⑤:SWALLOW

SWALLOW
SWALLOW
SWALLOW評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
複数サイト利用×
利用者数やや少なめ
価格9,900円(税込)

SWALLOWは、『飛ぶためにムダを削ぎ落としたツバメのような進化を。』をコンセプトに開発されたブロガー向けのWordPressテーマです。

機能に関してもムダなものは一切なく、必要な機能だけが搭載されています。

サイトデザインを調整する際もカスタマイザー(WordPressダッシュボード→外観→カスタマイズ)から行えるので簡単です。

kazu

ちなみに、僕が1番最初に使用したテーマがSWALLOWでした。

SWALLOWの特徴
  • モバイルファースト設計
  • ムダな機能が一切ない
  • サイトデザインの調整が簡単
  • 他のテーマと比べて価格が良心的

\ 洗練されたWPテーマ /

WordPressテーマおすすめ2選【無料】

ここでは、おすすめの無料WordPressテーマを紹介していきます。

  • おすすめの無料テーマ
テーマ名おすすめ度
Cocoon
Xeory
kazu

それでは詳しく見ていきましょう!

①:Cocoon

Cocoon
Cocoon
Cocoon評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
利用者数多い

Cocoonは、無料テーマの中で最も人気があり、利用者数の多いテーマとなっています。

機能性・デザイン性・カスタマイズ性は有料テーマには劣るものの、無料テーマの中では割と高めです。

kazu

『1番おすすめの無料テーマは何?』と聞かれたら間違いなくCocoonと答えますね!

Cocoonの特徴
  • デザインがシンプル
  • カスタマイズがしやすい
  • 無料テーマの中では機能性が高い
  • 無料で利用できる

\無料テーマならCocoon/

②:Xeory

Xeory
Xeory
Xeory評価
機能性
デザイン性
カスタマイズ性
使いやすさ
利用者数やや少なめ

Xeoryは、コンテンツマーケティングで有名なバズ部が無料で提供しているWordPressテーマです。

Googleのガイドラインに沿った内部構造になっているため、SEOに力を入れたい方にはおすすめのテーマとなっています。

kazu

また、Xeoryはサイト型とブログ型の2種類から好きな方をダウンロードして使うことができます。

  • サイト型・ブログ型の2種類から選べます
Xeoryサイト型テーマ・ブログ型テーマ
サイト型テーマ・ブログ型テーマ
Xeoryの特徴
  • コンテンツマーケティングで有名なバズ部が提供している
  • サイト型・ブログ型の2種類から選べる
  • SEO対策に力を入れている

\ バズ部提供の無料テーマ /

テーマ導入の手順

ここでは、テーマの導入手順を解説していきます。

  • テーマの導入手順
STEP
『新規追加』をクリック
WordPressテーマの新規追加

WordPressのダッシュボードから『外観』→『テーマ』をクリック。

テーマの追加画面を開いたら、『新規追加』をクリック。

STEP
テーマのアップロード
WordPressテーマのアップロード

次に『テーマのアップロード』をクリック。

STEP
ファイルを選択
アップロードするファイルを選択

『ファイルを選択』をクリック。

導入するテーマの親テーマと子テーマのファイルを1つずつインストール。

STEP
子テーマを有効化

親テーマと子テーマのファイルがインストールできたら、子テーマのみを有効化します。

SWELLの子テーマ
AFFINGERの子テーマ

本記事ではSWELLとAFFINGERを例にあげましたが、他のテーマでも子テーマのみを有効化してください。

子テーマを有効化できたら、テーマの導入は完了です。

WordPressテーマに関する質問【Q&A】

ここでは、WordPressテーマに関する質問に回答していきます。

ぶっちゃけどのテーマが1番おすすめ?

どれか1つと言われたらSWELLです。

理由は、デザインがシンプルで美しく、ブロックエディターの使い心地が良いからですね。

他にもブロックエディターに対応しているテーマはありますが、SWELLのブロックエディターにはかないません。

始めは無料テーマを使うべき?

そんなことはありません。

むしろ資金的に余裕があるなら有料テーマを使うことをおすすめします。

なぜなら、無料テーマに比べて有料テーマの方が機能性が高く、記事を書くことに集中できるから。

無料テーマの場合、記事の執筆以外のことで時間をとられることがあります。

とはいえ、必ずしも有料テーマを使った方が良いというわけではありません。

テーマの乗り換えは大変?

意外と大変です…

僕は、1つ目のサイトでテーマの乗り換えを経験しましたが、思った以上に大変でした。

記事の装飾が崩れたりなどなど…

kazu

テーマを乗り換えるならなるべく記事数が少ないうちに乗り換えるのがおすすめです。

記事数が多ければ多いほど修正する箇所が多くなります。

逆に、記事数が少なければ修正箇所も少なく済みます。

まとめ:自分に合ったテーマを見つけよう!

今回は、おすすめのWordPressテーマを7つ紹介してきました。

  • おすすめの有料テーマ
  1. SWELL
  2. AFFINGER
  3. THE THOR
  4. STORK19
  5. SWALLOW
  • おすすめの無料テーマ
  1. Cocoon
  2. Xeory

ブログ運営をしていく上でテーマ選びは大切です。

長くブログ運営を続けていくためにも妥協せず、自分に合ったテーマを選ぶようにしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる